.

法要・法事はどうすればいいの?

初めて家族の臨終に立ち会ったときに頭の中に渦巻く不安と疑問。それらを臨終後の対処、葬儀、法要・法事、相続に分けてお答えします。

法要・法事のどうすれば良い?Q&A

葬儀が終了したあと、仏教では四十九日まで七日ごとに追善法要があります。忌明けと呼ばれる四十九日の法要のあとは、一年ごとに年忌法要が実施されます。
故人が亡くなって最初の七日目に初七日法要を行いますが、実際には葬儀の還骨法要のときに繰上げ法要として実施されることが多いです。このような節目となる大事な初七日法要と四十九日法要と一周忌法要の意味とその実際の流れと手配すべきことについてご紹介をしながら、疑問にお答えします。

初七日にやる事は?準備する物は?

初七日の法要はどのように進めていけばよいのでしょうか?
初七日とは、仏教の追善法要のひとつで亡くなってから七日目に行われる最初の大事な供養です。
命日も含めて七日目にあたる初七日は、故人が三途の川のほとりに到着する日とされています。故人が三途の川で、激流か急流か緩流かのいずれの流れの中を渡るかが裁きで決まる大切な日で、緩流を渡れるようにと法要をするという説もあります。
普通、初七日は骨上げの日から二~三日後となるため、遠方の親戚に再び来ていただくのは大変なので、葬儀の日に還骨法要と合わせて、繰上げて行うことが多くなっています。

四十九日にやる事は?準備する物は?

四十九日の法要はどのように進めていけばよいのでしょうか?
仏教では死亡してから七週間(七七 四十九日間)は死者の霊は現世とあの世をさまよっているとされています。その間に縁故者が供養することで初めて極楽浄土へ渡れると考えられています(宗派によって多少違いはあります)。死者の霊は冥土の裁判官によって命日から七日目ごとに七回裁きを受けるとされ、それに追随して法要もそれぞれ七日ごとに行っているのです。
四十九日間は、仏教では「中陰(中有)」とよび、この期間を「忌中(きちゅう)」といい、 四十九日が過ぎると「忌明(きあけ)」 となります。

一周忌にやる事は?準備する物は?

一周忌の法要はどのように進めていけばよいのでしょうか?
故人が亡くなってから七日ごとに四十九日まで行われる法要を追善法要と呼び、その後、一年ごとに行われる法要を年忌法要と呼んでいます。
その年忌法要のちょうど一年めの同月同日(祥月命日…しょうつきめいにち)を「一周忌」と呼びます。一周忌には、親族以外にも、知人や友人なども招いて行われることが多いようです。
一周忌の日取りは、ほかの法要と違って、その日が平日であっても、その前の土曜、日曜に前倒しすることなく、当日に設定されることが多いです。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ