.

初七日法要について

初めて家族の臨終に立ち会ったときに頭の中に渦巻く不安と疑問。それらを臨終後の対処、葬儀、法要・法事、相続に分けてお答えします。

初七日にやる事は?準備する物は?

risou.png

初七日の法要はどのように進めていけばよいのでしょうか?
初七日とは、仏教の追善法要のひとつで亡くなってから七日目に行われる最初の大事な供養です。
命日も含めて七日目にあたる初七日は、故人が三途の川のほとりに到着する日とされています。故人が三途の川で、激流か急流か緩流かのいずれの流れの中を渡るかが裁きで決まる大切な日で、緩流を渡れるようにと法要をするという説もあります。
普通、初七日は骨上げの日から二~三日後となるため、遠方の親戚に葬儀後、また再び、来ていただくのは大変なので、葬儀の日に還骨法要と合わせて、繰上げ法要として行うことが多くなっています。
葬儀とは別の日に行う場合の初七日の法要は以下のような手順で進めます。
基本的には自宅内の後飾りの祭壇にて法要を執り行います。遺骨は忌明けまでの間は後飾りに安置されています。
後飾りの祭壇の前に僧侶の席を準備して、遺族は故人との血縁の濃い人から順に前の席に座りますが、祭壇中央の僧侶のすぐ後ろの席には施主が座ります。
僧侶が到着したら、施主が初七日法要開始の挨拶をして、僧侶の読経が始まります。
読経の間、施主から順に焼香を行います。読経後の僧侶の法話のあと、僧侶を含めた一同で会食となります。
僧侶が会食を辞退された場合は、お布施と御車代と御膳料をお渡しします。会食に同席する場合は、お布施と御車代とお渡しします。最後に施主が締めの挨拶をして初七日法要は終了するというのが基本的な流れです。
初七日法要の香典ですが、初七日法要が葬儀と別な日に行われる場合は、当然、参列者は香典を持参しますが、葬儀と同じ日に執り行う場合も香典を用意します。葬儀当日に突然初七日法要への参列を告げられることがあっても、事前に想定して香典を準備しておくと安心です。もし、想定外で香典袋を用意していない場合は、受付にいる葬儀社の方に声をかけるとたいていは予備の香典袋を用意しているはずですから、一部分けていただいて、香典を準備しましょう。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ