.

葬儀の準備はどうしたらいいの?

初めて家族の臨終に立ち会ったときに頭の中に渦巻く不安と疑問。それらを臨終後の対処、葬儀、法要・法事、相続に分けてお答えします。

葬儀のどうすれば良い?Q&A

葬儀の準備をしていくにあたって、決めることはたくさんあります。まず喪主を決めて、葬儀の形式を決めて、葬儀の予算を決めて、日取りを決めてと、次々決定する事項があります。それと並行して、親族や知人への死亡通知の手配と実際の葬儀を実施するために葬儀社を選定して行かなければいけません。
それらの葬儀をするうえで決めるべきことのポイントと死亡通知の種類と方法、よい葬儀社を選ぶコツについてご紹介しながら、それらの疑問にお答えします。

葬儀をする上で決めておく事はある?

葬儀をする上で決めるべきことはたくさんありますが、以下のことは早期に決める必要があります。
まず、喪主を決めます。喪主は故人になりかわって弔問を受ける葬儀の代表者ですので、通夜の前、あるいは一般の人に死亡通知を出す前には決めておきましょう。
一般的には故人の配偶者が喪主となりますが、配偶者がいない場合は、原則として血縁の濃い順に選びます。
配偶者、長男、次男、男子がいない場合は、長女、次女というのが一般的です。
子がいないときは、故人の父親、母親、兄弟の順番となります。

死亡通知を送る範囲は?どのように連絡する?

死亡通知は誰にどのように連絡すればよいでしょうか?
死亡通知は残された遺族が行う重大な役割です。通知もれが起こらないように、故人の住所録や年賀状などをチェックしながら、故人とかかわりのあった人たちに連絡をしましょう。
また、手分けして連絡をする際、連絡先を間違わないようにしっかりとメモを取り、間違いなくお伝えしましょう。
死亡通知を送る範囲は、まずは、同居していない家族・近親者、次に、故人と親交のあった友人・知人に連絡をします。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ