.

相続を円滑にすすめるにはどうしたらいいの?

初めて家族の臨終に立ち会ったときに頭の中に渦巻く不安と疑問。それらを臨終後の対処、葬儀、法要・法事、相続に分けてお答えします。

相続のどうすれば良い?Q&A

故人の葬儀が済み、葬儀後の手続きや法要などを進める過程で、相続手続も進めていかなければなりません。相続は故人の財産が絡んでくる話のため、日頃は親しい家族や親族間でも思わぬトラブルに発展しかねません。遺言書の有る無しに拘わらず、その財産分割の過程で不公平や不満が生じると残された家族の一生の禍根となります。そうならないために、あらかじめ準備をしておくことが必要です。ここでは、生命保険を活用して相続を円滑に進める方法をご紹介します。

生命保険が遺言の代わりになるとは?

生命保険が遺言の代わりになることがあるのでしょうか?
本来、遺言書は故人が自分が亡くなった後の法律関係をはっきりさせるための意思表示の手段で、主に遺産分割についての考えを書き記すケースが多いですが、相続財産がそれほどない人の場合、正式に遺言書を書くのは大げさだと考えている人は多いのが実情です。しかし、実際は少しでも相続財産があるだけで、その分割を巡って、トラブルが発生することが多いのも現実です。

生命保険が分割対象の遺産にならないことはある?

生命保険が分割対象の遺産にならないことはあるのでしょうか?
受取人の指定がある生命保険の場合、その死亡保険金は受取人固有の財産となるため、遺産分割協議の対象となりません。特定の相続人に財産を多く残したいと考えている場合は有効な手段となります。
通常、受取人の指定のない死亡保険金はみなし相続財産となり、本来は被相続人の相続財産に含まれないものなのですが、その経済的価値や財産の性格上、これらを被相続人の財産とみなして相続税の課税の対象としています。

はんこ代を死亡保険金で用意するとは?

はんこ代を死亡保険金で用意するとはどういうことでしょう?
相続遺産の分割方法には、現物分割、換価分割、代償分割の三つの方法があります。
現物分割とは、実際にある相続財産(土地、建物、現金など)をそれぞれ相続人に分けることです。換価分割は相続財産をすべて換金し、その後、相続人で分けることです。代償分割は、特定の相続人が財産を相続する代わりに、他の相続人にその代償として金銭などを与える方法です。例えば、稼業を継いだ長男がすべての財産(価値3億円)を相続する代わりに、長男が次男に代償金(1億円)を支払うといったケースです。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ