.

生命保険を遺言書の代わりにする

初めて家族の臨終に立ち会ったときに頭の中に渦巻く不安と疑問。それらを臨終後の対処、葬儀、法要・法事、相続に分けてお答えします。

生命保険が遺言の代わりになるとは?

tabou.png

生命保険が遺言の代わりになることがあるのでしょうか?
本来、遺言書は故人が自分が亡くなった後の法律関係をはっきりさせるための意思表示の手段で、主に遺産分割についての考えを書き記すケースが多いですが、相続財産がそれほどない人の場合、正式に遺言書を書くのは大げさだと考えている人は多いのが実情です。しかし、実際は少しでも相続財産があるだけで、その分割を巡って、トラブルが発生することが多いのも現実です。
例えば、遺産としての現預金はわずかしかなく、土地と建物が多くを占める場合で、相続人が二人のとき、一人だけが土地建物を相続すると、不公平が生じてトラブルが起きかねません。売却して分けるにしても、手続きの苦労の割にはその効果が少なく、二束三文で代々の土地建物を手放すことになりかねません。
そんな場合は、非常に特殊なケースですが、生命保険を上手に活用することで、故人の遺志を相続人に伝えることができるかもしれません。
相続財産が土地建物しかなく、相続人が二人の場合、一人は土地建物を相続し、残りの一人については、その本人を受取人とした生命保険に被相続人が加入しておけば、土地建物と見合う保険金を相続することが可能になります。
そのためには、被相続人はあらかじめ計画的に保険加入の手続きを取る必要がありますので、保険会社の担当者との事前の調整が必要です。
高齢になってからの保険加入は保険金が高いですし、重い病気になってから生命保険に加入するのも困難です。そのため、このケースを実際に実行するのはかなり難易度が高いですが、自分がこの世を去ったときのことをあらかじめ考えて、残された家族に苦労を掛けないように、いろいろな準備をする際の、ひとつのヒントになるはずです。
遺言書の準備は別途考えるとしても、終活の一環として遺産相続については前向きに策を講じておきたいものです。
その内容をエンディングノートなどに記録して、家族のために準備しておきましょう。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ