.

死亡届の提出方法

初めて家族の臨終に立ち会ったときに頭の中に渦巻く不安と疑問。それらを臨終後の対処、葬儀、法要・法事、相続に分けてお答えします。

死亡届はどのように出せば良い?

genjou.png

死亡届はどのように出せばいいでしょうか?
死亡届は、法令上、家族や親戚などの死亡を知った届出者が、死亡を知った日から7日以内に、死亡者の本籍地、死亡地、届出人の現住所地のいずれかの当該市区町村役場へ提出します。
(死亡者の本籍地以外の役場への届出の場合、死亡届は2枚必要になりますので留意しましょう)
死亡届を届出の際は、「死亡診断書」か「死体検案書」も必要です。実際には、A3サイズを横にした用紙の左側が死亡届、右側が「死亡診断書」あるいは「死体検案書」という併用形式がほとんどです。
病院で亡くなった場合やかかりつけの医師に看取られて自宅で亡くなった場合は、医師が死亡診断書を作成してくれます。死亡診断書の作成費用は、5,000円~1万円前後です。
事故死や自宅での急死の場合は、警察に連絡をしてその指示に従います。
警察によって検死が行われ、監察医が死体検案書を作成します。費用は2~3万円です。
事故死や自宅での急死の場合に、警察の検死を受けずに埋葬等を行うと罰せられますので、必ず警察に連絡をしましょう。
死亡届を提出する時に「火葬許可申請」も一緒に行います。
この火葬許可申請には、火葬場の名称、所在地の記入が必要となりますので、そちらの確認をして申請を行います。
死亡届が提出されないと火葬許可証は発行されませんし、火葬許可証がないと火葬ができませんので、これらの届出と申請は確実に行う必要があります。
死亡届の提出は、土日、祝日、市区町村役場の執務時間以外も可能ですが、届出の際に下記の書類等も必要となりますので、あらかじめ平日の日中に当該書類を準備する必要があります。

届出の際に必要なもの
・死亡届と死亡診断書あるいは死体検案書
・届け出人の印鑑
・国民年金手帳(加入者)
・国民健康保険被保険者証(加入者)
・老人医療受給者証(該当者)
・介護保険被保険者証(該当者)
・印鑑登録証(登録者)
・その他の給付・手当を受けていた証明証

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ